After Effects Nodes2のNodes Size Modeの説明

After Effects Nodes2のNodes Size Modeの説明
年あけましておめでとうございます!

今年も地味にですが、少しずつ映像の技術的な情報を共有していきたいと思ってます。

さて、今回も前年から引き続きYanoboxから発売されているNodes2という
After Effectsのプラグインの機能の紹介です。

今回は、Nodes Size Modeの機能を紹介していきます。

このパラメーターを使うと下記のような
サンプルが簡単に作れます。

まずは、わかりやすくするために
FormをCircleにして
Nodes Countを50に
Radiusを300にします。
Nodesのサイズも10にします。

Nodes2

02

Nodes Size Modeは通常はUniformですが
ここをクリックするといくつか項目が現れます。

03

まずRandomにすると
サイズがランダムに変わります。

Nodes2

Sinusoidalにすると
だんだんとサイズが変わっていきます。

Nodes2

Moduleにすると
一つおきにサイズが変わります。

Nodes2

Increaseにすると
だんだんと大きくなります。

07

逆にDecreaseにすると
だんだん小さくなります。

Nodes2

このようにNodes Size Mode 一つのメニューで
様々な形を作ることができます。

各モードには、アニメーションさせる機能が
ついていますので、これも便利な機能です。

RandomやSinusoidalの場合は、
Size Phazeにキーフームを打てばアニメーションすることができます。

Nodes2

Sinusoidalで

Size Periodを上げていくと、サイズの感覚が変わります。

下記は100の場合です。

Nodes2

300にするとこんな感じです。

Nodes2

これをSize Phazeでアニメーションさせたのが
サンプルの動画です。

パラメーターはこんな感じです。

Nodes2

この記事にコメントする

大手ポストプロダクションMCRAYにてFlame、Smokeを通してハイエンドの映像制作を学ぶ。その後、CM制作会社RAY、博報堂フォトクリエイティブ(現博報堂プロダクツ)に出向。CM制作の企画から制作までを学ぶ。2002年、Move Emotions設立。プロフィール詳細、作品はこちら

0 Comments

コメントをする

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

CAPTCHA