After Effectsカメラと連動できるようになったNodes2

After Effectsカメラと連動できるようになったNodes2
Nodes2
ーティクル表現で、ParticularやPlexusはいろんな作品に

見受けられます。

見慣れた表現では、他社と似たような印象を与えてしまい

クライアントに独自性を持って印象に残る映像を提供できないため

新しい表現はできないかと、常に試行錯誤をしています。

ParticularやPlexusに似たプラグインで

Nodes2

というプラグインがあります。

http://www.flashbackj.com/yanobox/nodes/

このプラグインを使用しているユーザーは、
ParticularやPlexusと比べるととても少ないように思います。

Nodesの最初のバージョンは
Plexusよりも前に発売されていたので
出た当初は便利そうなプラグインだと思い、

これは試してみようと飛びついたのですが
After Effectsのカメラと連動できなかったため、
購入を止めていました。

それが今年のNABのタイミングで
バージョン2が発表されて

Nodes2

となり、After Effectsのカメラと連動できるようになりました。

Plexusと違うのは、

ラインのつなぎ方などコントロールできるパラメーター

が多い点です。

また、Plexusでは、
RenderdでBeamsを使うと重くなっていましたが
Nodesで似たような表現をしても動作が軽い印象があります。

また、テスト版でしか試していないため、
使い勝手は検証しきれていませんが
近いうちに購入したいプラグインのひとつです。

この記事にコメントする

0 Comments

コメントをする

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

CAPTCHA