Facebookの動画広告をブランディングに利用する

Facebookの動画広告をブランディングに利用する
社のブランディングに、ソーシャルメディアの動画広告を利用しようと考えたとき、

一番最初に思い浮かぶのは、世界最大規模の動画共有サイト「Youtube」の動画広告かもしれません。

最近では同じく世界最大規模のソーシャル・ネットワーク「Facebook」でも、動画を使った広告出稿が可能になっています。

Facebookの動画広告には少額予算から始められる「マーケットプレイス動画広告」と、予算が潤沢にあるナショナルクライアントなどに向けた「プレミアム動画広告」の2種類があります。

動画での自社ブランディングを考えたとき、ソーシャルメディアの動画広告を利用することは比較的低予算でスタートでき、かつ詳細に指定したターゲットに動画を届ける有効な手段と言えます。

今回は、Facebookの動画広告の「マーケットプレイス動画広告」での動画広告設定のステップをご紹介します。

1. Facebookに広告を掲載から「動画の再生数を増やす」を選びます。

(下の画像をクリックすると、拡大します)

2. 管理している自社のFacebookページを選択します。

3. 動画広告を届けるターゲット層を指定します。

地域や年齢、性別などを指定できるだけでなく、Facebook動画広告では趣味や関心のあるものごとや、仕事の業界を指定するなど非常に細かに配信するターゲット層を指定する方法が、用意されています。

4. 1日の予算や掲載期間、入札価格、配信スケジュール等を設定します。

5. Facebook動画広告で利用する動画を指定、または新しくアップロードします。

6. アップロードが完了したら、サムネイル(表示する静止画)を指定して、動画広告の配信を開始します。

上で設定は完了です。

Facebook動画広告の「マーケットプレイス動画広告」の設定は、ステップごとに順を踏んでいけば配信を開始することができます。企業のWEB担当者、マーケティング担当者の方でも、比較的簡単に導入・運用ができるのではないかと思います。

運用の難易度や手間なども、ほとんどGoogle AdwordsなどのPPC広告運用と変わらずに実施できると言えるほど簡単に始めることができます。

FacebookやYoutubeなどの動画広告を、自社のブランディングに積極的に採用されてみてはいかがでしょうか?

私たちの映像実績をご視聴ください。
こちらからご覧になれます。

See Our Works

この記事にコメントする

武蔵野美術大学 映像学科卒業後、葵プロモーション子会社のデジタルガーデンにてCM制作を学ぶ。その後、共同代表の當間とともに、Move Emotionsを設立。プロフィール詳細、作品はこちら

0 Comments

コメントをする

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*