鹿児島県三島村の地方創生動画のロケハンへ

鹿児島県三島村の地方創生動画のロケハンへ
鹿児島港からフェリーに乗って3時間ほどの場所にある

人口370人ほどの鹿児島県三島村の地域ブランディングのお仕事に、先日写真を撮影させて頂いたご縁から弊社で関わらせて頂いています。

その中で、地方創生のための三島村の動画を作成するために

ちょうど今、弊社のカメラマンの中川がロケハンのために三島村へ訪れています。

実際に映像を制作するプロセスにおいては、事前の下準備、下見にあたる「ロケハン」は、良い映像を作る上でとっても重要な位置付けです。

特に私たちが提供している映像を活用したブランディングサービス

映像ブランディング

においては、実際の撮影前にロケハンやヒアリングをしっかりとさせて頂いて、

何がその土地の魅力なのか、何が土地に住む人たちが誇りに思っていることなのか。

そういったことを、最初に明確にしてから映像を作り始めることを一番大事にしています。

その土地の本質的な価値を、しっかりと定義しないまま映像を作っても

多くの人の心に届く様な、ブランディング動画になり得る様な映像はできないと、そう考えるからです。

島村は、「硫黄島」「竹島」「黒島」の3つの島を合わせて「三島村」を形成していますが、

現在、三島村では日本ジオパークへの認定を目指しています。

ジオパークとは要約すると、地球活動の遺産(例えば火山活動後の地形など)を主な見所とする、自然の中の公園のことで、

ガイド付きツアーなどにより、地球科学や環境問題に関する教育や普及活動を行いながら

持続可能な地域社会を形成する、大地の公園です。

三島村は、世界でいちばん小さなジオパークを目指しています。

小さな村から世界に挑戦している鹿児島県、三島村。

この土地には、世界に挑戦できるだけの魅力がある。

だからこそ私たちも、三島村が世界に勝負するための素晴らしい映像の完成を目指します。

Photo by Mishima Village.

私たちのその他の作品をご視聴ください。
こちらからご覧になれます。

See Our Works

ジオパーク認定を目指す、鹿児島県三島村
のブランディングサイトはこちらからご覧になれます。

See Branding Site

この記事にコメントする

武蔵野美術大学 映像学科卒業後、葵プロモーション子会社のデジタルガーデンにてCM制作を学ぶ。その後、共同代表の當間とともに、Move Emotionsを設立。プロフィール詳細、作品はこちら

0 Comments

コメントをする

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*