ブランディングに映像を活用するという、ご提案

企業における「ブランディング」が、かつてないほど注目されています。
なぜこれほどまでにブランディングが注目されているのでしょうか?
私たちはこう考えます。

今、世の中のたくさんの企業において、自社の製品やサービスを
お客様に「選んでいただくこと」が非常に難しくなってきています。
それは、どの製品やサービスも一定以上の品質を保ち、
基本的には「どれも良い」状況が今の世の中だからです。

そうした「どれも良い」状況の中でお客様にちゃんと選んでいただくためには
製品やサービスの機能や性能を訴えることを重視するのではなく、
お客様の「感情に訴えること」が大切だと考えています。

その製品を知った瞬間にワクワクしたり、SNSなどで友人にシェアしたくなる。
そんな感情に訴える企業からの提案が、求められているのではないでしょうか?

そして感情に訴えるために最適なツールが、映像だと考えています。
映像には人の心を動かす力があり、私たちは「映像の持つ可能性」を信じています。
だからこそ映像を中核ツールとして実現するブランディング、

「映像ブランディング」

をご提案します。

映像ブランディングとは

私たちが提供する映像ブランディングは、主に2つのサービスによって実現します。

コンセプトづくり

ブランディング映像制作

コンセプトづくり

1つは、映像を作る前に、お客様の事業においてそもそもどんなことが世の中に与えている本質的な価値なのか。今、何を支持されているのか。そして社員の皆さんは自社の価値や仕事についてどう思っているのか?これからどうしていきたいのか。

こうしたお客様の事業の本質的な価値を、ヒアリングを通してお客様と一緒に発見していきます。

その発見を元に、どのようなコンセプトで映像を作るのかを決定します。コンセプトをしっかりと固めることは、ブランディングを実現する上でも、映像を作る上でも、最も重要なプロセスです。

2つ目は、決定したコンセプトを元に、最終的にどのような映像を作るのか。どうやってコンセプトを表現するのか。映像の具体的な企画に落とし込み、撮影や編集を経て、1本のブランディング映像というカタチに仕上げます。

この映像制作の過程には、大きく分けて以下の3つのプロセスが含まれます。

ブランディング映像制作

ブランディング映像の制作プロセス

企画立案

企画

お客様の事業のコンセプトを伝えるためのブランディング映像の企画作成を行います。具体的な表現手法のご提案から、企画書作成、撮影のための準備、スケジュール、コストの算出まで全てを自社リソースで提供します。

デザイン

撮影

撮影当日までは、撮影場所や撮影スタッフ、撮影機材、出演者の手配等、撮影にまつわる全ての準備を提供します。撮影当日は、弊社のディレクター、カメラマンが現場のコントロールをしっかりと行いながら、品質の高い撮影を提供します。

映像編集

編集

撮影した映像を元に、弊社のエディターが映像を編集します。エディターは、企画のごく初期段階からディレクターと作品の意図を共有しながら制作に携わることでしっかりとメッセージの伝わる映像編集を可能にします。

映像の制作に必要なこれら全てのプロセスを一貫して提供することで、
お客様のお役に立てるブランディング映像ができると考えています。

事例のご紹介

私たちがこれまでに手がけさせて頂いた事例をご紹介します。

星野リゾート KiaOraランギロア

リゾート業界のリーディングカンパニー、星野リゾートがタヒチにリブランドオープンした「星野リゾートKia Ora ランギロア」のブランディング映像と写真を採用して頂きました。

下記の再生ボタンから映像をご覧になれます

星野リゾートにおける映像の活用例

1

自社サイト

星野リゾートKia Ora ランギロアの公式サイトへのサイト訪問時に映像が上映されるよう掲載し、滞在時間が数十秒から2分30秒程度と大幅に向上しました。
2

Facebookページ

公式Facebookページでブランディング映像をシェアすることにより、2週間程度で日本を含む海外への顧客層に対し、5,000回再生を実現しました。
3

Youtubeページ

公式Youtubeページで映像をシェアすることで、星野リゾートへの興味をすでに持つ顧客層に向けて、タヒチの新しい施設オープンの告知を可能にしました。

Apple Store表参道で星野リゾートと
ブランディングイベントを開催

Apple Store表参道にお声がけいただき、星野リゾートと映像ブランディングについての
トークイベントを開催しました。当日は70名ほどのお客様にご参加いただき、盛況なイベントとなりました。

星野リゾート Kia Ora ランギロア写真撮影

撮影した写真を公式サイトおよび公式パンフレット等にも採用して頂き、
映像との世界観の統一をはかりながら、展開しました。

その他の事例

三井三池製作所

なんとかしたい。お客様の想いを必ずカタチにする。三井三池製作所の特徴であるお客様1人1人に寄り添ったモノづくりを知って頂けるよう、社員の皆さんがいつも心に抱いている、モノづくりへの想いを映像化しました。

下記の再生ボタンから映像をご覧になれます

BERING

アイ・ネクストジーイー社の北欧ブランド時計『BERING』のブランドコンセプト映像の制作を行いました。直営店、店頭にて上映されています。

下記の再生ボタンから映像をご覧になれます

ひまわり弁当

宮城県塩釜のおふくろの味、「ひまわり弁当」は高齢により廃業を考えていた創業者から、 飲食業での起業を夢見ていた元会社員へと事業引き継ぎが行われました。

下記の再生ボタンから映像をご覧になれます

Re Discovery 「世界に伝えたい日本」がある

「世界に伝えたい、日本 」 が あ る 。をコンセプトに、日本の伝統文化を紹介する映像制作を行いました。4Kカメラで撮影し、編集まで全て4K解像度で仕上げています。

下記の再生ボタンから映像をご覧になれます

信州大学

信州大学の在学生に向けた留学促進ムービーを制作しました。複数名のOBOGへのインタビューを中心に構成したシリーズ映像です。

下記の再生ボタンから映像をご覧になれます

つきじものがたり

2016年、豊洲への移転が決まっている「築地市場」を舞台に4K映像の自主作品を制作しました。

下記の再生ボタンから映像をご覧になれます

宮崎県観光プロモーション

宮崎県が大変なとき、いつも応援してくれる台湾の人々へ「ありがとう」を伝えたい。宮崎県のたくさんの方々の想いを、台湾の人々へ届けるメッセージビデオです。

下記の再生ボタンから映像をご覧になれます

会社概要

商号 Move Emotions株式会社
創業 2002年5月
役員 代表取締役:高野 仁 / 當間 洋平
所在地 東京都渋谷区神宮前3-15-9 クレスト表参道202 地図≫
TEL 03-4577-9545
事業内容 映像ブランディング事業
映像によるブランド戦略の企画立案・デザイン・動画撮影・編集
主要取引先 星野リゾート, スターウッドホテル, マリオット・バケーション・クラブ,  タンザニア大使館, 東京地下鉄, シュウ ウエムラ, 味の素
モスフードサービス, スターバックス, ワコール, 三菱商事, エイベックスマーケティング, ユニバーサルミュージック, オリンパスRMS
富士フイルムプレゼンテック, KDDI研究所, 帝国ホテルプラザ, 丸紅, 野村不動産, 大東建託, ショートショートフィルムフェスティバル
センチュリー21, 三井デザインテック, 小田急電鉄, ハッセルブラッドTV, 吉野家ホールディングス, 日本アンチドーピング機構
東京海上日動サミュエル, ハートフォード生命保険, 日経BP社, 三笠書房, エレクトロラックス, BERING, 信州大学, 鹿児島県三島村
タカラトミー, コーエーネット, NHK, ワタベウエディング
東急エージェンシー, テルモ, 相模原協同病院, オーネット
取引先銀行 三菱東京UFJ銀行 青山支店
ディレクター 當間 洋平 / 海鋒 裕太
カメラマン 中川 徹哉
エディター 宮川 尚子 / 太田 三菜 / 福田 賢人
イラストレーター 太田 三菜
アカウントプランナー 小林 大輔
Facebook https://www.facebook.com/MoveEmotions
Twitter https://twitter.com/MoveEmotions
Youtube https://www.youtube.com/user/moveemotions1
Vimeo https://vimeo.com/moveemotions

スタッフのご紹介

個性とプロ意識で、 独自の作品を生み出すチーム

私たちMove Emotionsは
各スタッフが、高い知識とスキルを持ち
それぞれがプラスαの特徴ある個性をもっています。

実写で撮影する事が得意な人
デザインが得意な人
モーショングラフィックスが得意な人
イラストが得意な人

各スタッフの得意分野は様々です。

私たちはそれぞれの能力を最大限に活かし
お互いで日々刺激し合い、
そして、一つの目標に向かうチームです。

SEE OUR WORKS
高野 仁 代表取締役
高野 仁 / JIN TAKANO
代表取締役

葵プロモーション子会社のデジタルガーデンにてCM制作を学び、その後Move Emotionsを設立。映像制作からWEB、営業、マーケティングまで幅広い知識を持っています。

當間 洋平 代表取締役
當間 洋平 / YOHEI TOMA
代表取締役

大手ポストプロダクションMCRAY,博報堂フォトクリエイティブを経て、Move Emotionsを設立。企画からディレクション、編集までを行う。Trapcode Creative Award2013にて受賞。

海鋒 裕太 ディレクター
海鋒 裕太 / YUTA KAIHOKO
プランナー・ディレクター

東京造形大学デザイン学科を卒業後、P.I.C.Sに入社。その後弊社へ。高いデザイン性を活かした企画力で、東京メトロ、モスフードサービスなど大手顧客をクライアントに持っています。

宮川尚子 映像編集エディター
宮川 尚子 / HISAKO MIYAGAWA
エディター

カナダのトロントSeneca College, Digital Media Artsで、映像とウェブを学ぶ。女性らしい柔らかいタッチのデザインを得意としています。

小林 大輔 / DAISUKE KOBAYASHI
アカウントプランナー

立教大学を卒業後、エディターとして2011年に入社。ディレクターを経て、2015年よりアカウントプランナー。お客様との初期コンタクトから、プロジェクト全体の設計を担う。

中川 徹哉 カメラマン
中川 徹哉 / TETSUYA NAKAGAWA
カメラマン

写真事務所AshCreate西村一光氏に師事。その後、フリーとなる。スチールカメラマンから、映像にも活動の幅を広げるため、Move Emotionsに入社。

太田 三菜 エディター
太田 三菜 / MINA OTA
イラストレーター・エディター

武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後、入社した会社で映像、デザイン、イラスト等を手がける。その後ポストプロダクションを経て、Move Emotionsに入社。

福田賢人 映像編集エディター
福田 賢人 / KENTO FUKUDA
エディター

北海道情報大学情報メディア学科卒業後、Move Emotionsに入社。ミュージックビデオやCM、演出映像等を手がける。

お問い合わせ

お打ち合わせ

直接お会いして、ブランディングに関するお客様のご要望をお伺いいたします。

メール

info@move-emotions.co.jp
メールでのお問い合わせも可能です。

お電話

03-4577-9545
受付時間:9:30~18:00
(土日・祝日を除く)

映像ブランディングに関するサービス内容、料金等のお問い合わせは、このフォームよりご相談頂けます。

打ち合わせをしたいメールで返信が欲しい

ご希望の納品日について

連絡先

Move Emotions株式会社

Tel: 03-4577-9545
受付時間:9:30~18:00
(土日・祝日を除く)
info@move-emotions.co.jp

住所

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-15-9
クレスト表参道202

表参道|明治神宮前|原宿駅から
徒歩約7〜8分

私たちの作品をご視聴ください。
こちらからご覧になれます。

See Our Works