映像ディレクター、募集しています

私たちは主に企業や地域の映像制作を手がける会社です。
ミッションは「映像にしかできないこと」で、お客様の「伝える」お手伝いをすること。今、企画力やデザイン力のある映像ディレクターとして、正社員になって頂ける方を求人募集しています。まずは上にある私たちのいくつかの実績をご覧いただいて、こんな映像を作りたい。と思って頂けたら、ぜひ私たちの会社のことをもっと詳しく知ってください。

その他の実績を見る 〉

職種に捉われない働き方で
あなたの可能性がぐっと広がる

私たちが目指している働き方として、「職種に捉われすぎない。」
というのがあります。それは職種が自分は「映像ディレクターだから」。自分は「エディターだから」といった理由で、自分の携わる仕事の範囲を限定しすぎない。ということです。

映像ディレクターでも自分でデザインを作成してもらうこともありますし、映像のカット編集を行ってもらうこともあります。時には編集作業にも立ち会ってもらいながら、ディレクター自身やクライアントの意図を具体的にどう伝えていくか、意見を求められることもあります。幅広い業務を行うことは大変です。でも、お客さまから求められるのは映像のプロとしての幅広いスキルや知識です。そしてその知識やスキルがあるからこそ、お客さまや仲間から頼られるようになります。職種に捉われない働き方。その方が仕事はもっと面白く自由になるし、あなたの可能性がぐっと広がるはずです。

映像ディレクターの仕事。それはプロジェクトを
アイデアとセンスで成功に導くこと。

コンセプトメイキング

映像を作る上で、最も重要なことはお客さまのビジョンやミッションを明確にし、世の中における自社の本質的な価値を明文化して、コンセプトを定めることです。映像ディレクターはいきなり企画に入るのではなく、最初にお客さまと一緒にコンセプトを固めていきます。

企画

コンセプトが固まったら、それを実際の映像の企画に落とし込みます。映像のテーマや届けるメッセージの決定、同時に映像の世界観を検討します。実写やグラフィックなど表現手法も企画の段階で決定します。

デザイン

映像制作において、デザインは非常に重要な存在です。それは映像で伝えるべきメッセージを、より明確に、分かりやすく届けることが、デザインによって可能になるからです。メッセージを伝えるために、どのようなデザインがベストなのかを検討します。

台本

作成した企画に沿って、より具体的な台本を作成します。映像のカットごとに、どのような角度からどのようなサイズで撮影するのか、そして映像のストーリーはどのように構成し、どんなナレーションやセリフを入れるのか、台本が制作の指針になります。

撮影

撮影現場では映像ディレクターはお客さまとのコミュニケーションをはじめ、制作スタッフをまとめる役割を果たします。同時にカメラマンへの意図の説明、指示出しなども行い、撮影する映像の品質に責任を持ちます。

カット編集

撮影された映像のカット編集を行います。映像ディレクターが自分の意図に沿って編集を行い、映像作品を仕上げていきます。一人では難しいカットがある際には、社内の映像エディターに意図を説明して、カットを制作してもらいます。

創業当初、お互いが大事にしている言葉を持ち寄りました。  僕が持っていったのは「Move(動くこと)」でした。   川の流れを見ると分かるように、上流の激しく動いている水は澄んで いて、流れが緩やかになった下流の水は濁っています。   動きがなくなった水は、やがて濁り出すように 、僕らも今いる場所に 安穏して立ち止まったままでは、 今持っている知識や技術は、やがては 濁っていく。 だから、常に動いていることが大事と考えていたからです。   ちなみに、高野が大事にしている言葉は「 Emotions(感情)」 でした。   Move と Emotions   偶然ですが、この二つの言葉がつながり意味をもちました。  Move Emotions =感情を動かすこと   色んなことを試して、失敗したり成功したりを繰り返して(Move)  ワクワクしたり、喜んだり、凹んだり、涙したり(Emotions)をする。   心も揺れ動かしていけば、水のように澄んでいく、  つまりは、人として成長していくのだと思います。   これが社名の由来で、僕らが大切にしていきたい事です。

映像ディレクターが担う役割です。
広いけど、同時にやりがいも。

コンセプトメイキング

企画

デザイン

台本

撮影

編集

ソフトウエアごとに必要なスキルレベルは
異なります。飽くなき探究心が一番必要です。

映像ディレクターが最も頻繁に利用するソフトウエアは、Adobe PhotoshopやIllustratorです。
企画書を作成したり、編集用の素材となるグラフィックの作成に利用します。下のグラフは、入社後に必要とされる各ソフトウエアごとのスキルレベルのめやすとしてください。プレゼンテーション用資料の作成に、Apple PagesやKeynoteを利用することもあります。

Adobe Illustrator

Illustartor

Adobe Premiere

Premiere Pro

Adobe Photoshop

Photoshop

Photoshop:
Illustrator:
Premiere Pro:

必要なスキルはこれまでの作品に
詰まってます。アイデアもデザインも。

これらの作品は、これまでに私たちが制作してきたものの一例です。
表現手法が異なるこれらの作品をご視聴いただくと、必要なスキルの参考にして頂けると思います。
あなたの未来の同僚が作った作品です。ぜひご覧ください。

映像ディレクターチームの同僚たちです。
あなたの未来の同僚かもしれません。

當間洋平

代表取締役:當間 洋平
プロフィールを見る 〉

ディレクター 海鋒 裕太

ディレクター:海鋒 裕太
プロフィールを見る 〉

こんな方を求めてます。
完璧である必要はありません。

雇用形態 正社員(中途および新卒)
応募資格
  • ご自分のポートフォリオ(作品)をご提出頂ける方
  • Adobe Photoshopを使って映像パーツ等の素材が作れること
  • Adobe Illustratorを使って映像パーツ等の素材が作れること
  • Adobe Premiere Proを使って映像の編集ができること
求める人材像
  • 学歴は一切問いません
  • グラフィックデザインやイラストが描ける方、歓迎
  • 映像ディレクターの実務経験者、優遇
  • 映像制作への情熱がある方
  • デザインが得意な方
  • コミュニケーション能力が高い方
  • 弊社の実績を見て、こういう映像を作ってみたいと感じて頂ける方
  • 普通免許をお持ちのかた、優遇

映像制作 求人 採用 募集

映像制作 クリエイティブ職 応募