動画制作|ブランディング動画

映像編集で「人を描ける」
映像編集者、募集しています

私たちは主に企業や地域の映像制作を手がける会社です。
ミッションは「映像にしかできないこと」で、お客様の「伝える」お手伝いをすること。今、主に実写の映像編集力のある映像編集エディターとして、Adobe Premiere Proを使った映像エディター職の正社員になって頂ける方を募集しています。まずは上にある私たちのいくつかの実績をご覧いただいて、こんな映像を編集したい。と思って頂けたら、ぜひ私たちの会社のことをもっと詳しく知ってください。

その他の実績を見る 〉

職種に捉われない働き方で
あなたの可能性がぐっと広がる

私たちが目指している働き方として、「職種に捉われすぎない。」
というのがあります。それは職種が自分は「映像編集職だから」。自分は「ディレクターだから」といった理由で、自分の携わる仕事の範囲を限定しすぎない。ということです。

映像編集エディターでもAdobe Premiere Pro での作業だけでなく自分でテロップなどのデザインを作成してもらうこともありますし、編集に比重を置いた「企画」を作ってもらうこともあります。時には撮影の現場にも立ち会ってもらいながら、撮影中に編集の観点からの提案やアドバイスを求められることもあります。幅広い業務を行うことは大変です。でも、お客さまから求められるのは映像のプロとしての幅広いスキルや知識です。そしてその知識やスキルがあるからこそ、お客さまや仲間から頼られるようになります。職種に捉われない働き方。その方が仕事はもっと面白く自由になるし、あなたの可能性がぐっと広がるはずです。

映像編集職の仕事。
それは実写で「人の感情の機微を描く」こと。

映像で人の感情を描く

クライアントやディレクター、カメラマンの要望や意図を汲み取って、動画の実写カット編集や作品内に使用するテロップのデザインなど、「人の感情」の些細な変化までを描く実写作品の映像編集の責任者として作品に携わります。

テロップの作成

映像作品に必要なタイトルやテロップ、字幕などのデザインを担当します。私たちの仕事では、実写だけを映像編集して作品が完成することはあまりなく、例えば冒頭にタイトルを入れるなど、ほとんど全ての作品で何らかのグラフィック要素が必要になります。

カット編集

撮影された映像のカット編集を行います。編集の観点から自分で構成を考え、ディレクションを行うこともあるので、編集ディレクターとも言えるポジションとして編集に関わります。映像編集作業の中で、提案する力が求められます。

カラーグレーディング

撮影された映像のカラーグレーディングを行うことも、エディターの大切な仕事です。映像の色はその作品のトーンを決定づけるような、重要な要素です。ディレクターやカメラマンと話し合いながら、カラーグレーディングを行うこともあります。

撮影アシスタント

映像編集のエディターでも撮影現場を手伝うことで、後で自分が編集する素材である映像の内容を把握することができます。それは編集が効率的になるだけでなく、映像に映っている雰囲気や人の語りや感情をより深く理解することに繋がり、良い作品が生まれる可能性を高めます。

キャリアパス

将来的に、ディレクターになりたい方にはディレクターへのキャリアパスもご用意しています。また、エディターであっても撮影に参加して、編集の観点からのアドバイスや撮影アシスタントとして活躍するので、撮影のことも学んで頂くことができます。

創業当初、お互いが大事にしている言葉を持ち寄りました。  僕が持っていったのは「Move(動くこと)」でした。   川の流れを見ると分かるように、上流の激しく動いている水は澄んで いて、流れが緩やかになった下流の水は濁っています。   動きがなくなった水は、やがて濁り出すように 、僕らも今いる場所に 安穏して立ち止まったままでは、 今持っている知識や技術は、やがては 濁っていく。 だから、常に動いていることが大事と考えていたからです。   ちなみに、高野が大事にしている言葉は「 Emotions(感情)」 でした。   Move と Emotions   偶然ですが、この二つの言葉がつながり意味をもちました。  Move Emotions =感情を動かすこと   色んなことを試して、失敗したり成功したりを繰り返して(Move)  ワクワクしたり、喜んだり、凹んだり、涙したり(Emotions)をする。   心も揺れ動かしていけば、水のように澄んでいく、  つまりは、人として成長していくのだと思います。   これが社名の由来で、僕らが大切にしていきたい事です。

映像編集者が担う役割です。
広いけど、同時にやりがいも。

企画

テロップ作成

映像編集

カラーグレーディング

音声、音楽調整

撮影アシスト

ソフトウエアごとに必要なスキルレベルは
異なります。飽くなき探究心が一番必要です。

映像編集者が最も頻繁に利用するソフトウエアは、Adobe Premiere Proです。
テロップ素材となるグラフィックの作成に、Photoshop、Illustratorのスキルも必須になります。下のグラフは、入社後に必要とされる各ソフトウエアごとのスキルレベルのめやすとしてください。

Adobe Illustrator

Illustartor

Adobe Premiere

Premiere Pro

Adobe Photoshop

Photoshop

Premiere Pro:
Photoshop:
Illustrator:
SpeedGradeまたはDavinci Resolve:

必要なスキルはこれまでの作品に
詰まってます。ストーリーも人の感情も。

これらの作品は、これまでに私たちが制作してきたものの一例です。
表現手法が異なるこれらの作品をご視聴いただくと、必要なスキルの参考にして頂けると思います。
あなたの未来の同僚が作った作品です。ぜひご覧ください。

映像編集チームの同僚たちです。
あなたの未来の同僚かもしれません。

映像エディター 宮川尚子

チーフエディター:宮川 尚子
プロフィールを見る 〉

當間洋平

代表取締役:當間 洋平
プロフィールを見る 〉

福田賢人

エディター:福田 賢人
プロフィールを見る 〉

こんな方を求めてます。
完璧である必要はありません。

雇用形態 正社員(中途および新卒)
応募資格
  • ご自分のポートフォリオ(作品)をご提出頂ける方
  • Adobe Premiere Proを使って作品を生み出せる方
  • Illustrator、Photoshopで映像パーツ等の素材が作れること
求める人材像
  • 学歴は一切問いません
  • グラフィックデザインやイラストが描ける方、歓迎
  • エディターの実務経験者、優遇
  • 実写で「人の感情」を描くことができる方
  • 映像編集への情熱がある方
  • コミュニケーション能力が高い方
  • 弊社の実績を見て、こういう映像を作ってみたいと感じて頂ける方
  • 普通免許をお持ちのかた、優遇

映像制作 求人 採用 募集

映像制作 クリエイティブ職 応募