カルチュア・エンタテインメント / 事業ブランディング

カルチュア・エンタテインメント / 事業ブランディング

映画とTSUTAYA。その価値を伝える

映画や音楽製作、出版などエンターテイメント分野における
多様な事業をTSUTAYAと共に手がけるカルチュア・エンタテイメント株式会社。そのカルチュア・エンタテイメント株式会社が毎年開催する映画の企画コンペ「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM(以下、TCP)」の価値を伝えるコンセプトムービーです。「何をやるのかではなく、なぜやるのか。」を伝えることを軸に、映画の本質的な価値を伝えること。同時に、TSUTAYAの映画事業における本質的な価値とは何か?を伝えることを映像のコアコンセプトとしています。映画とTSUTAYA、両者の価値を伝えることを通じて、TCPという映画の企画コンペを開催する理由と、開催する人々の想いを届けています。

クライアント様の業種

映画等のエンターテイメント事業

映像の内容

事業ブランディング

用途

イベントで上映,WEB掲載

プロジェクト担当者

高野 仁

ディレクター:高野 仁
プロフィールを見る 〉

當間洋平

モーショングラフィックスデザイナー:當間 洋平
プロフィールを見る 〉

弊社で担当した箇所

コンセプトづくり

企画

デザイン

編集

モーショングラフィックス

音楽

この映像を制作した際に使用したツール

このブランディング映像はApple社のMacで作られています

Mac Pro

Adobe Illustrator

Illustartor

Adobe Premiere

Premiere Pro

Adobe Photoshop

Photoshop

企業ブランディングの
他のコンセプトムービー事例

次の事例を見る 〉

企業ブランディング映像 カルチュア・コンビニエンス・クラブ